スマホもテレビも禁止!7ヶ月後の子どもたちの変化とは?

現状

現代の子どもたちは、パソコンやスマートフォン、タブレットといった電子機器の前での時間がますます伸びつつあります。逆に、様々な研究によれば、画面の前での過ごしすぎが、子どもや10代の子どもに悪影響を及ぼす可能性があると指摘されています。

それはシリコンバレーでも同様で、テクノロジー企業のエグゼクティブたちさえも、自社が開発したデバイスやソフトウェアから自分の子供たちを遠ざけようとしているほどです(スティーブ・ジョブズは子供にiPadの使用を禁じ、ビル・ゲイツは子供たちに14歳まで携帯電話を与えなかった)。

Advertisement